本日もポーランド予習

友達が10月19日つまり今日の夜10時からのTBSラジオ「荻上チキ・セッション22」で、荻上チキさんがアウシュビッツを訪問して、中谷さんのガイドとインタビューを取材した特集が放送されると教えてくれました。
ラジオって普段聞かない。忘れそう、リマインダー必要、というかまずラジオなりネットの準備が必要。ということでポーランド旅行予習中。
『夜と霧』もキンドル版買ったから読まなくちゃ。その友達が終戦記念日前後にはよくアウシュヴィッツなど戦争に関わるテレビ番組が放送されてて、アウシュヴィッツのトイレを見て衝撃を受けたと言ってました。だからそこを見て来てと言われてます。探すと写真やブログでとりあげてる人がいますね。戦争が起きてしまったら自分もたとえ銃でうたれなくても、日々の生活のストレスとかで死ぬんだろうなと思います。
政見放送が聞こえてくるけど、まずは戦争を起こさないでと思いますね。
スポンサーサイト

ポーランド予習第2弾は食

先週に引き続きtadakuのレッスンに行きました。今回はポーランド。すっごくたくさんのレッスンをやってる方。レビューもいいこと書いてある。
テーマは秋のポーランド料理。なのに何故きゅうりスープ???

このスープは鶏肉っていうか鶏ガラでスープをとってるんだけど、きゅうりのすりおろしが入ってます。冷たいきゅうりスープは飲んだことあるけどあったかいのは初めて。そしてこれが何故秋か?ポーランドではいちごは6月ごろ。全てのものの実りが遅い。だからきゅうりも真夏じゃないんだそうです。
ポーランド料理の特徴は酸味があるものが多いこと。確かにこのビゴスという肉とソーセージの炒め煮にもザワークラウト1瓶分入ってましたね。


前菜に使った
ポルチーニ茸のピクルスもかなり酸っぱかった。


前菜にパテを作ったのですが、上にホースラディッシュを飾ったのですが、ポーランドのはリンゴ入りだそうです。
デザートがリンゴケーキ。上にくっきー生地をおろし金で削ってかけるところが面白い。

豪華なランチ。

グラスのはワインではなくビーツジュース。これは不味くはないけどもういいかな。
この日の参加者は二人。なんと山梨からですって。3年前に旅行したポーランド。料理が美味しくってもう一度食べたくてレストランを探していてtadakuを見つけたそうです。来月行くので欲しいものを買って来ますよとメールアドレスを交換。早速インスタントスープのリクエストをもらいました。いい旅になりそう。
ここのお家猫がいるのも嬉しい。また行きそう。10回レッスンに来た人がいるってすごいよね。確かに楽しい美味しいレッスンです。

コストコの病

外国の人に料理を習うととってもコストコの会員になりたくなります。だってバターやチーズをふんだんに使ってるんだもん。
すごーく高くて大変だなって思うのですが、聞いてみると皆様コストコで買ってる。いいなー、ウチ二人とも視力に障害があって車に乗れない。コストコって運転できない人には不便な場所にあるんだよね。ずーっとそう思い込んでました。
でもどうしても行きたいな。気持ちがそうなると検索は捗る、というか自分の望む答えを導き出す。
あれれれ、多摩境倉庫店って時間はかかるけど我が家にとって使い易い立地では!幕張は近そうだけど乗り換えが大変。世界一周の時使ったリュックとかゴロゴロで行くとなるとここは重要。
友達連れて観光地感覚で行けば商品もシェアできる。
そうだせっかく同行援護の申請が通ったんだからガイドヘルパーさんを頼んで商品情報見てもらおう。
明日ポーランド料理を習いに行くのが多摩センターだから多摩境近い。ああこうやって都合の良いことを思いつき、今夜にはきっと会員登録するんだろうな。

おうちごはん

Tadakuおうちごはんについての案内が来ました。外国人が教える料理教室のTadaku
の新しいスタイルだそうで、要はホームパーティに行く感じ。料理はせずご馳走食べながら話をする。でも食べる専門ってのもあったはず。言い方を変えたのかな?響きが悪いよね。
この話友達にしたら超乗り気。ローストビーフがあったら是非行きたいそうです。この間っからローストビーフが食べたくて仕方がない彼女。
残念なのはtadakuって料理名で検索ができないのよね。イギリスとかで探すと出てくるかな。
ところでこの間習ったギリシャ料理は結局全部作りました。
証拠写真。焼く前のバクラヴァでづ。

焼き上がりのバクラヴァです。

ピタパン。8枚焼いて冷凍にしました。ピタパンは仲が空洞にはならなかったけど、焼きたては美味しかったです。

串焼きとサラダは作ったけど写真撮り忘れました。ワイン飲んで最高でした。
私は食べるだけより作る方もしたいです。

バクラバ作りたい

4連休というのに海外に行ってない私。寂しすぎる。
何かしなければ。そう思って久々にタダクごいう外国人が教える料理教室を検索。この休み中で最も興味をひかれたのがギリシャ料理レッスン。なぜならバクラバという甘い甘いナッツたっぷりの中東のお菓子があったから。確かにギリシャは中東に近い。ブルガリアのホテルの朝食にもあったことを思うと不思議じゃない。ということで申し込んで行ってきました。

どーんと家庭サイズのバクラバ。パイシートを使ってるので割と手軽に作れます。手間より日本だとバターやナッツ類が高いのでお金がかかるお菓子です。
メインの肉の串焼き。ギリシャは元々は牛は食べなくて豚や鶏肉、ヤギ、羊を食べるんだそうです。肉を焼く時間が待てない子供用に干しあんずの種の部分にチーズを入れてベーコンを巻いて焼いたのが妙に美味しくてハマりました。下に敷いてあるピタパンも作ったのですが、フライパンで焼くので手軽です。

ギリシャは私にとってはヨーグルトが美味しい国のイメージ。でも高いんですよね、ギリシャヨーグルト。先生はビフィダスを水切りして料理に使うそうです。そしてオリーブとオリーブオイルも欠かせない食材。サラダに入ってたオリーブがしょっぱくなくってとても美味しかったです。


料理はもちろん良かったけど、ベランダハーブガーデンが素晴らしかったです。レモンまでなってました。

23階のマンションのキッチンに窓がなくって、じゃあハーブどうするの!って最初思ったそうです。それでベランダに沢山ハーブを育て始めたそう。

今日は晴れててハーブをベランダで積んでサラダやヨーグルトのソースに入れて料理が進んで行く雰囲気がとても絵になる感じでした。

帰りに復習用にバクラバの材料を買って来たのに、ワインと強いお酒のせいで眠ってしまいました。明日は作ろうっと。
プロフィール

FC2USER229834YUR

Author:FC2USER229834YUR
ひろみです。1965年生まれのおひつじ座、血液型はO型です。好きなことは食べること、ブラジル音楽、海外旅行、猫と遊ぶこと。とくに特技とかないけど献血21回やってます。
私は生まれつきの病気のため視力が低いです。左0、右0.06の弱視者です。文字を読む時はルーペを、遠くの物は単眼鏡という道具を使っています。そして最近はiPadを活用しています。パソコンも画面を拡大表示にして使います。点字は読めません。白い杖は普段はカバンに入れていて必要な時に取出して使っています。目は悪いですが胃腸はその分丈夫なようです。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR